子どもが勉強しないのは大人のせい?~子どもの学習意欲と家庭環境との関係性~

教育メモ

子どもにやる気がないのは?

ウチの子にはやる気がまったく感じられない…。

子どもが勉強をしなくなるのには、様々な要因が考えられます。

家庭環境、学校での先生や友人との関係、塾の学習環境、スマホやゲームなど。

ですから、勉強に対する意欲をまったくもたない子がいたとしても、それがすべて周りの大人の責任であるとは、一概にはいえないでしょう。

ただ、その環境も、ほとんどの場合は大人によって与えられたものです。

子どもは自らで生活環境を変えることはできませんからね。

大人が発した一言一言は、特に思春期の子どもの学習意欲や行動・性格にまで影響を及ぼします

少なくとも大人の一人一人が、子どもの成長の一端を担っているという意識だけは、常にもっておくべきでしょう。

「がんばれ!」は使ってはいけない言葉?!

「がんばれ」という言葉を使うべきではない、というのが、今や世間での常識になりつつあります。

子どもに限らず大人に対しても、がんばっている人にその言葉をかけることで、余計なプレッシャーになってしまったり、「これ以上何をがんばればいいの?」と相手を追い詰めることにもなりかねませんよね。

しかし本来「がんばれ!」は、相手を励ますステキなことばなのです。

  「がんばれっ!」という父親の力強いひと言で、子どもの気持ちが奮い立つことがあります。

  「がんばってね。」の母親の優しい言葉で、自分への親の信頼を感じることができます。

愛情のこもったことばであれば、それはきっと子どもに伝わります。

逆に、今まさにがんばっている子どもに対して、顔を見るたびくり返し「がんばれ」と言う。

それでは伝わらないどころか、子どものやる気を減退させてしまいます。

「指導」とは

お子さんを叱ったあと、長々と説教をしてしまうことはありませんか?

もちろん、子どもを「怒鳴るだけ」で終わってしまうのは教育とはいえません。

ただ、叱ったその勢いのまま怒りにまかせて話をしていること、次第に子どもの反応(手ごたえ)が薄くなってしまう。

たとえ大人のほうが冷静になっていたとしても、子どもの軽い興奮状態はすぐには収まりません。

その状況下での「指導」は、ややもすると「指示」になってしまいます。

そんなとき子どもはその指示に従いはすれども、その子の内面はなにも変わりません。

しばらく経ったらまた必ず同じ行動を繰り返すことになります。

子どもが平常心にもどるのを待ちましょう

叱ったあとは、子どもが平常心を取り戻すのを見計らってから、改めて話を切り出すのが適切な処置だといえるでしょう。

ふだんの子どもの生活を見ながら、悪いところを指摘してあげるのは、もちろん大切なことです。

ただ、良いところを伸ばすきっかけをつくってあげることも、決して忘れてはいけません。

たとえ悪い面ばかりが目についたとしても、叱ってばかりでは子どももイライラが溜まってしまいます。

叱ったあとは褒めるところを必ず探してあげてください!

そうすれば、お子さんも日々ストレスなく生活することができるはずです。

子どもに伝わる話し方

子どもは、自分の行動を「否定」されたときより、「肯定」されているときのほうが、大人の話に耳を傾けてくれます。

「ダメだよ、それ。」ではなく、「イイね、そういうの。」と言えるかどうかです。

何がダメか指摘するほうが、手っ取り早くはあるんですけどね…。

「イイね」と話を切り出すと、子どもは素直にそれを受け入れてくれます。

「その行動の何がよかったのか」をちゃんと理解した上で、

「もっとよくしていくにはどうすればよいか」というこちらのアドバイスも、興味をもって聞いてくれます。

こちらの言い方を少し変えれば

状況

《例》子どもがいつも学校のテスト直前しか勉強をしない。

ふだんからしっかり勉強しなきゃダメ!

そう言いたくもなりますが…。

少しだけ見方を変えた言い方をすれば、子どもに伝わりやすくなることもあります。

みんなが勉強しているとき、同じように勉強して成績が上がると思う?

じゃあ、みんながやっていない今ならどう?

「勉強しなさい!」と言って子どもが勉強に取りかかったとしても、その場かぎりの行動になってしまうことが多いです。

ガンバってほしいのなら、そうすることのメリットを話してあげる必要があります。

論理的に、分かりやすく…。

こちらの要望を子どもに押しつけるのではなく、問いかけによって自身で考えさせ、行動を促すのも有効な手段のひとつです。

そうでなければ、子どもはこちらの話に食いついてきませんし、長続きもしません。

おわりに

子どもの教育法については、さまざまな意見が世に飛び交っています。

「子どもは褒めたほうが伸びる」という考えもあれば、その逆の意見も存在します。

もちろんそれは専門家の見解かもしれませんし、多くのデータを採取して得た結論なのかもしれません。

「この教育法で、子ども10人のうち9人に良い結果が表れました。ですから、このやり方なら絶対に間違いありません!」

メディアなどでそう断言している人を最近よく見かけますが、正直、その発言にはすごく違和感を覚えます。

たまにそれが子どもを教育した経験のない人だったりすると、なおさら滑稽です。

では残りの1人はどうするんでしょう?

これも長年塾講師をやっているから思うことなのかもしれませんし、屁理屈かもしれません。

(塾の講師をやっている人には、きっと共感してもらえると思うのですが…。)

学習塾、特に個人塾では「できるだけたくさんの子にすばらしい教育を」ではなく、

目の前の子に適切な指導をなのです。

10人の子がいれば、それぞれに合う10通りの指導法が要求されます。

子どもの教育に正解・不正解など存在しません。

専門家の意見はあくまで一般論、データもあくまで参考として捉えるのが妥当でしょう。

子どもと会話を交わしながら、自分のかけた言葉でその子がどう変化していったのか。

そういう経験値を貯めていきながら、大人のほうがまずは成長していくべきなのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました